株式投資について

サラリーマンの副業として、株式投資がすごく人気があります。

投資と聞くと、手続きが大変や、怖いイメージをもたれる方もいるかと思いますか、ネット証券が普及してからはサラリーマンの多くの方が株式投資を利用しています。

また、以前は投資を始めるのにまとまった金額が必要でしたが、今は100,000円程度からも始めることが可能です。
小型株になると俗に言う「テンバガー」といわれる2年から3年で金額が10倍になる銘柄もあります。

最近は、サラリーマンが小遣い程度で始めることも多くあります。
また、株式投資を始めることによって世の中の経済状況やニュースに興味を持つこともあるため、特に若いサラリーマンにはお勧めです。

投資スタイルは、いろいろあります。
割安な株式銘柄を購入して長期保有するスタイルがあります。株式の価格は常に変動していますが、価格に一喜一憂することなく長期スパンで見れるため、サラリーマン投資家にとってはハードルが低い、投資スタイルです。
また、長期保有すればするほど価格変動のリスクも抑えられることが一般的には言われています。皆様がよく見たことあるようなトヨタ自動車や、ソフトバンク等の大型銘柄もリーマンショックなどの割安な時と今を比べると倍近く価格は、変わっています

また株式銘柄によってですが、配当金と言うものがあり期末の起算日といわれるタイミングに、銘柄を保有している場合、持ち株数に応じて現金が受け取れます。銘柄によっては株式優待と言って、その会社の商品などの特典が受けられます。マクドナルドなどはハンバーガーの商品券などももらえます。主婦などはこれを目当てに投資としている人思います。

また、デイトレードやスイングトレードと言って、短期に株を売り買いし、買った時と売った時の株の差額で儲けを出す投資スタイルもあります。
デイトレードは1日のうちに売り買いをすることです。スイングトレードはおおむね1週間程度までの保有期間を指します。

ただ、常に株の値動きを見ておかなければいけないため、日中働いているサラリーマンにはなかなか難しいかもしれません。(株式の売り買いは朝9時から昼の3時までの間に行われます。)

個人で1億以上の株式資産を持ってるような形は、俗に「億り人」とも呼ばれています。サラリーマンだけの給料では、なかなか1億以上の資産と言うのは難しいため、株式トレードを利用して資産を増やす事は夢のようでもあり希望が持てます。

まずは小額からお勧めすることを始めてみることをお勧めします。ご自身の余裕資産の1部を株式投資をしてみても、いいかもしれません。